SSブログ
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/

『香川のうまいもん喰うぞう!』ぴこぴこ精肉店 春日 [焼肉]

CMS(ケーブルメディア四国)で放送された特別番組
『香川のうまいもん喰うぞう!』の第29弾がYouTubeで閲覧解禁になりました♪
ぴこぴこ精肉店春日-インティキマジシャンてるした2.jpg

『香川のうまいもん喰うぞう!』ぴこぴこ精肉店 春日
https://youtu.be/YerXetWZ_hs

宮崎牛の中でも最高ランクの“安楽牛”を提供する焼肉店で、
肉の質が非常に高くて霜降り肉の脂身の美味しさがたまりません☆
ぴこぴこ精肉店春日-希少部位2.jpg

中でも希少部位の美味しさは別格で是非味わってほしい部位が目白押しですが、
希少部位は全て数に限りがあるので、食べたい部位が決まっている場合は
事前に予約してキープしてもらうか、入荷日に予約を入れるのがオススメ◎
ぴこぴこ精肉店春日-希少部位網焼2.jpg


更に、最近になって提供が可能になった牛のユッケも外せない逸品☆
牛の生ユッケの提供は、保健所の厳しいチェックをクリアしたお店でしか食べられないので
これまた確実に食べたい場合は事前確認したほうがいいメニューです♪
ぴこぴこ精肉店春日-牛ユッケ2.jpg

というか、近年は牛のユッケを普通に食べられないのが当たり前すぎて
ユッケと言えば「桜ユッケ(馬肉のユッケ)」だと思う人もいるらしいので、
そういう人には是非とも生の牛肉の旨味を知ってほしいです。


もちろん、ホルモンの質も高くて御飯の1杯や2杯は軽く食べられるほど美味しい☆
ぴこぴこ精肉店春日-ホルモン網焼2.jpg


とは言え肉ばかり食べていると胃もたれするかもしれないので焼き野菜も食べてほしいのですが、
野菜にも一切手抜かりがなく、県内産の旬の物だけを仕入れているため素材の風味が際立ちます◎
ぴこぴこ精肉店春日-焼き野菜の盛り合わせ2.jpg

といった感じの焼肉店は、古民家を改装した風情のある雰囲気と良質な接客、
リーズナブルに愉しめるランチなど、おすすめポイントの多いお店です♪
ぴこぴこ精肉店春日-スタッフ2.jpg


【住】香川県高松市春日町1695-1
【電】087-813-8718
【営】月~土・祝前日11:30~14:30/17:00~24:00(Lo.23:00)
   日・祝日11:30~14:30/17:00~23:00(Lo.22:00)
【休】無休
【席】80席
【駐】30台
【カ】利用可



▼ぴこぴこ精肉店 春日
https://www.ku-zou.com/shop/pikopikoseinikuten-kasuga/

▼CMS(ケーブルメディア四国)
https://www.cavy.co.jp/

▼香川のグルメサイト 喰蔵
https://www.ku-zou.com/

▼セブンラノイ株式会社
https://sevenranoj.com/

▼マジックバー・インティキちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UC1TG4-iXMMSQ1JJnPuZxoRw
nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

『一牛家』の「食べ比べ3種」は一期一会♪ [焼肉]

高松市立みんなの病院の南西側、塩江街道沿いにある
『焼肉 一牛家(いちごや)』


『ステーキハウス 一牛(いちご)』の姉妹店なので肉の品質は折り紙付きで、
ホルモン、豚、鶏を扱わず、牛の精肉だけで勝負するこだわりのお店♪

専用の加工室を設け、新鮮な牛肉を扱えるお店だけが提供できる「一牛特製ユッケ」は
生肉が苦手な人でも食べられる美味しさだし、提供時間が早いのも嬉しいポイント☆☆☆
一牛家-ユッケ2.jpg


「オリーブ牛食べ比べ3種」も必ず注文すべきメニューで、
オリーブ牛専門のステーキ店の姉妹店だからこそ食べられるラインナップと値段が魅力的◎
一牛家-オリーブ牛食べ比べ3種2.jpg

しかも提供される3種類は一期一会で、おかわりを注文しても同じ部位が出てくるとは限りません。
だからこそ余計に美味しく感じるのかもしれませんが、
違う部位が出てきてもハズレに出会うことは皆無なので安心して注文できます☆☆☆
一牛家-サーロイン網2.jpg


あと「名物オリーブ牛のみぞれ焼き」も毎回注文するメニューですが、
これは焼き加減に少しコツが必要なので
初めて来店して食べる場合はスタッフさんに聞くのがオススメ。
一牛家-名物オリーブ牛のみぞれ焼き2.jpg
一牛家-名物オリーブ牛のみぞれ焼き網2.jpg


それと「秘密のオリーブ牛 つぼ漬け」は特製のタレに漬け込んでいるので味が濃く、
焼肉には白米が必須な人にピッタリのガッツリメニューです☆☆
一牛家-秘密のオリーブ牛つぼ漬け2.jpg


で、やはり『一牛家』に来て感心させられるのが御飯の美味しさ☆☆♪
一度や二度なら、たまたま炊き加減が良かっただけの可能性もありますが、
何回食べに来ても毎回美味しいので、肉だけでなく御飯の美味しいお店としても認識しています◎

米農家で生まれ育ったこともあり、御飯には結構なこだわりががありますが、
ブレンド、品質、水分量、旨味、甘味、食感が、これほど焼肉に最適なお店を他に知りません♪


という感じで肉以外にも様々なこだわりが詰まった焼肉屋さんなので
まだ食べに行ってない人は是非一度立ち寄ってみて下さい。


▼『焼肉 一牛家(いちごや)』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ https://www.ku-zou.com/shop/ichigoya/
■ガラケー■ https://www.ku-zou.com/mb/shop/ichigoya/
nice!(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

『焼肉 ことぶき 太田店』 [焼肉]

サン・フラワー通りが南に突き当たるT字路から西へ約260mの場所にある
『焼肉 ことぶき 太田店』
焼肉ことぶき-外観2.jpg


2019年7月5日にオープンした焼肉屋さんで、
昭和42年に創業した精肉卸問屋の直営だそうです。

店舗も駐車場も大きく、ファミレスのような雰囲気もありますが、
店内のデザインは木目と黒色が主体なので落ち着きます。
焼肉ことぶき-内観2.jpg

注文はタッチパネル、
料理の提供はテーブルまでレーンから流れてくるという近代的な方式ですが、
水はセルフサービス。

といった徹底した合理化によって低価格を実現しているだけでなく、
人との接触を極力避ける事で新型コロナウイルス感染拡大も抑制できています。


そんなお店は“ウェットエイジング”による40日熟成肉が自慢らしいので
「熟成カルビ 390円」「熟成ハラミ 390円」を注文。
焼肉ことぶき-上カルビ&上ハラミ2.jpg

参考までに、一般的によく聞く肉の熟成方法は
<ウェットエイジング><ドライエイジング>の2種類ですが、
このお店が採用している方法は、乾燥を抑える事ができるので肉が柔らかく仕上がるのが特徴。

ちなみに<ドライエイジング>は赤身肉の旨味を格段に向上させる方法ですが、
仕上げの段階でカットして廃棄する量が多いので原価が高くなってしまうのが特徴。

他にも昔から日本で伝わる<枯らし熟成>、
チーズやヨーグルト等を使う<乳酸菌熟成>、
という感じで熟成肉にも様々なタイプがあるのが面白い。

というふうに熟成肉は手間暇と時間がかかるので一般的な肉と比べて高くなりがちですが、
ここでは1人前4切れで390円という良心価格で提供しているのがすごい♪

これも精肉卸問屋直営店の成せる業ですね。

もちろん、肉は柔らかくて肉らしい旨味もしっかりしているので値段以上の価値があります◎
焼肉ことぶき-上カルビ&上ハラミ焼2.jpg


あと「月見すきしゃぶ焼 390円」は、
甘辛いタレを纏った薄切り肉を香ばしく焼き、
生卵にくぐらせて食べるので、本当に口の中で小さな“すき焼き”ができてるような味わいで、
無性に御飯が欲しくなるメニューでした♪
焼肉ことぶき-月見しゃぶ焼2.jpg
焼肉ことぶき-月見しゃぶ焼網2.jpg


他にも「石焼ピビンバ 390円」「ユッケジャンクッパ 390円」を食べましたが、
どれも価格設定が良心的なので、普通の胃袋の人ならお腹いっぱい食べても
食べ放題のお店より安くつくかもしれません。
焼肉ことぶき-石焼ピビンバ2.jpg
焼肉ことぶき-ユッケジャンクッパ2.jpg


さらにランチには、大・中・小から選べる御飯と野菜スープ、
メインのお肉200gがセットになった定食が780円から選べるので更にお得です◎


▽メニュー紹介

▼パワーランチ
※ご飯は大・中・小選べます
※お肉200g
※野菜スープ付き
◇焼肉定食
「サービス定食 780円」
「ジュースーカルビ定食 980円」
「ジュースーハラミ定食 980円」
「中落ちカルビ定食 980円」
「牛ロース定食 980円」
「角切りハラミ定食 980円」
◇ヘルシーセット
※チシャ3枚付き
※ご飯は大・中・小選べます
※お肉180g
※野菜スープ付き
「中落ちカルビてっちゃんセット 980円」
「ジューシーハラミてっちゃんセット 980円」
「角切りハラミてっちゃんセット 980円」
「牛ロースてっちゃんセット 980円」
「熟成りんごカルビセット 1,080円」
「牛すきしゃぶセット 980円」
「ダブル塩タンセット 1,180円」
「ダブルハラミセット 1,180円」
「約40日熟成肉特選牛セット 1,580円」
◇まんぷくセット
※お肉180g
※チシャ3枚付き
「冷麺焼肉セット 1,280円」
「石焼ピビンバ焼肉セット 1,280円」

▼新登場
「40日熟成肉舟盛り(3~4人前 560g) 2,999円」

▼一品
「韓国のり 190円」
「豆もやし 290円」
「チャンジャ 290円」
「ナムル3種盛 390円」
「フライドポテト 290円」
「コーンバター 290円」

▼キムチ
「やみつき辛もやし 99円」
「白菜キムチ 290円」
「胡瓜キムチ 290円」
「大根キムチ 290円」
「キムチ3種盛 390円」

▼名物 熟成りんご
「熟成りんごカルビ 390円」
「熟成りんごハラミ 390円」
「熟成りんご豚バラ 390円」
「熟成りんご鶏モモ 390円」

▼すきしゃぶ焼
「月見すきしゃぶ焼 390円」

▼ユッケ・シーフード・ウィンナー
「さくらユッケ 390円」
「イカ 390円」
「ホタテ 390円」
「ウィンナー 390円」

▼セットメニュー
「ことぶきセット 1,299円」
「卸売問屋セット 1,499円」
「舟盛り焼肉 1,999円」
「ジューシーハラミセット 999円」
「熟成肉盛り合わせ 2,199円」

▼塩モノ
「豚タン塩 ボリューム×1.5倍 390円」
「北海道<夢の大地>使用サムギョプサル 390円」
「牛タン 塩 390円」
「国内産銘柄豚 豚トロ 塩 390円」

▼旨ネギ 塩
「旨ネギ豚タン塩 ボリューム×1.5倍 390円」
「梅豚タン塩 ボリューム×1.5倍 390円」
「旨ネギ牛タン塩 390円」
「旨ネギ豚カルビ 390円」

▼秘伝のタレ
「極厚中落ちカルビ 390円」
「ジューシーカルビ 390円」
「ジューシーハラミ 390円」
「鶏のイイトコドリ 390円」
「シマ腸脂付 390円」
「国産トロホルモン 390円」
「角切りハラミ 390円」
「上赤身肉 390円」
「牛ロース 390円」
「豚トロ 390円」
「熟成一本テッチャン 390円」
「国産レバー 390円」
「国産センマイ 390円」
「国産牛ハツ 390円」
「国産コリコリ 390円」
「上ミノ 390円」

▼炎の焼肉(味噌ダレ)
「炎のテッチャン 390円」
「炎のトロホルモン 390円」
「炎の豚トロ 390円」
「炎のイイトコドリ 390円」
「炎の鶏モモ肉 390円」
「炎のコリコリ 390円」

▼40日熟成肉
「熟成ハラミ 390円」
「熟成カルビ 390円」
「熟成牛タン 390円」

▼採れたてサラダ
「シーザーサラダ 390円」
「チョレギサラダ 390円」
「チシャ菜 190円」
「千切りキャベツ 99円」

▼シャキシャキ野菜
「キャベツ 190円」
「玉ねぎ 290円」
「エリンギ 290円」
「コーンバター 290円」
「にんにくバター 290円」
「とうもろこし 390円」

▼手作りスープ
「ユッケジャンスープ 390円」
「玉子スープ 290円」
「ワカメスープ 290円」
「ワカ玉スープ 290円」

▼ご飯・麺類
「白ご飯 小190円/中290円/大390円」
「石焼ピビンバ 390円」
「ガーリック石焼ピビンバ 390円」
「ダブル玉子クッパ 390円」
「りんご冷麺 390円」
「梅じそ冷麺 390円」
「ユッケジャンクッパ 390円」
「丼ピビンバ 390円」
「わかめうどん 390円」
「ユッケジャンうどん 390円」

▼デザート
「高濃度55%ソフトクリーム 229円」
「とろ~り黒蜜きなこがけソフトクリーム 349円」
「パリパリチョコレートがけソフトクリーム 349円」
「とろ~り黒蜜きなこがけアイスクリーム 190円」
「黒蜜風味豊かな葛餅 190円」
「3種ベリーのアイス大福 229円」
「濃厚チーズのアイス大福 229円」
「バニラアイス 149円」
「チョコレートアイス 149円」
「抹茶アイス 149円」
「ストロベリーアイス 149円」
「とろけるプリン 149円」
「プリンdeアイス 190円」


【住】香川県高松市太田下町1387-1
【電】087-866-8929
【営】11:00~14:30/17:00~23:00
   土日11:00~23:00
【休】月曜
【席】180席
【駐】48台
【カ】利用可


nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

値段以上の価値がある『焼肉 一牛家』♪ [焼肉]

高松市立みんなの病院の南西側、塩江街道沿いにある
『焼肉 一牛家(いちごや)』


以前の記事にも書いていますが、
このお店は『ステーキハウス 一牛(いちご)』の姉妹店です。

そして『一牛』はオリーブ牛を一頭買いしているため、
ステーキ用と焼肉用といった感じに店ごとに提供する部位を変えることで
高品質なオリーブ牛を低価格で食べられるのが最大の魅力♪

それだけでなく、本来はステーキに使用する肉を
量や形の関係で焼肉として提供する場合もあるので、
それに出会えた時は更にお得度が高くなります◎

しかも『一牛』はオリーブ牛ならなんでもいいと言う訳ではなく
チャンピオン牛や入賞牛を購入する事が多いので
A5ランクの12番が食べられたりするので肉好きにはたまりません♪


といっても等級や銘柄だけで判断しないのが『一牛』のオーナー。
私が知っている中でもトップクラスの肉の変態で、
肉に対する造詣が深いだけでなく、経験の豊富さ、情熱の強さが半端ではないので
オーナーさんと肉談義をしていると結構な時が過ぎているのも珍しく有りません◎

だからこそ『一牛』『一牛神』『一牛家』のどこで食べるにしても
安心して注文できるし、期待以上の美味しさで応えてくれます☆☆☆



そんなお店で今回最初に食べたのは「一牛特製ユッケ」。
一牛家-ユッケ2.jpg

生肉が苦手でなければ、ここに来てこれを注文せずにどうする!
と言いたくなるほどの美味しさ☆☆☆

店舗の一画にユッケ専用の加工場を設けることによって保健所の許可をもらい、
本物の生ユッケを食べられるだけでもすごいのに、
この美味しさで1,500円は反則です♪

さらに、無料の会員登録をすれば1,000円で食べられるのですが、
これを最初に聞いた時は嘘だと思ったくらいですww

ちなみに『焼肉 一牛家』は現金払いのみですが、
美味しい肉を少しでも安価に、大勢の人に味わってほしいという
オーナーの心意気が反映されているのが理由です。


近年、生肉の提供条件が非常に厳しいので
パック入りで自分で開封して食べるタイプではなく、
新鮮さと滑らかな食感と、生だからこその味が堪能できる生ユッケは
食べるだけで幸せを感じます◎



そして次は「名物オリーブ牛のみぞれ焼き」。
一牛家-みぞれ焼き2.jpg

名前で分かる人もいると思いますが、大根おろしと一緒に食べるメニューで、
肉を焼いて大根おろしが入ったタレにつけて食べるのかと思いきや
薄切り肉を網に乗せ、大根おろしを肉の表面に広げ、
肉がそこそこ焼けた頃に大根おろしを包むように肉を丸め、
最後に肉の表面がカリカリになるまで焼いて食べるという代物♪

で、大根おろしにはポン酢があらかじめ染み込ませてあるので
丸めた肉を一気に口に頬張れば表面の香ばしさと内側に閉じ込められた肉汁、
大根おろしのサッパリ味が混ざり合って、これがまた美味しい☆☆☆

ちなみに大根おろしはポン酢だけでなく醤油味も選べます。



そして次は「オリーブ牛食べ比べ3種」。
一牛家-オリーブ牛食べ比べ3種2.jpg

その日選ばれた部位が3種類、2切れずつ盛合せになったお得メニューで
基本的には霜降り肉、赤身肉、おすすめ、という組み合わせ。

店によっては、盛合せはお得なメニューですと謳って
名物料理と売れ残り、もしくは利益率の高い物との組み合わせをしてたりしますが、
前述の通り『一牛』のオーナーは心底オリーブ牛の美味しさを広めたいと思っている人なので
何回食べに行っても3種類の中で1つもハズレ無いどころか、
美味しすぎて追加注文してしまうほど☆☆☆



そして特別に塩で出してもらった「クリ」。
一牛家-塩焼き2.jpg

牛の肩から前脚の上部にあたる部位で、よく動く場所ならではの濃い味が特徴。
鶏でも、よく動く首の部位である「セセリ」が味が濃いのと同じですね。

薄めにカットされているので焼きすぎないように丁寧に軽く炙り、
添えられたワサビと一緒に食べてビックリ!

こんな薄さなのに、ステーキを食べているのかと勘違いさせるほどに旨味が強くて柔らかく、
塩とワサビのアクセントが脂を上品にしてくれて素晴らしく美味しかった☆☆☆

当然ながら、いつもある訳ではないので食べられた幸運に感謝◎



にしても、やっぱり『一牛家』の御飯は焼肉との相性が抜群です♪
前に食べた時、この美味しさは偶然かな?と思ったのですが、
今回も同様に美味しかったので、焼肉に合うお米のブレンドの黄金律を確立しているようです。


他にも「キムチ盛り」「特製牛の玉子わかめスープ」「メープルトーストバニラ添え」
を食べましたが、どれも一切の手抜きが無くて大満足の食事を堪能できました◎
一牛家-キムチ盛り2.jpg
一牛家-特製牛の玉子わかめスープ2.jpg
一牛家-メープルトーストバニラ添え2.jpg


という感じの『一牛家』は、店の場所が微妙に分かりづらかったり、
ホルモン系のメニューがなかったりという理由からか、
行列ができても不思議でない美味しさなのに時間によっては空いていることがあるので、
まだ食べに行ったことがない人は是非一度立ち寄ってみてください♪


ちなみに『ステーキハウス 一牛』の姉妹店だけあって接客レベルも高くて、
料理の説明を丁寧にしてくれるだけでなく、
焼き方・食べ方もレクチャーしてくれるのもおすすめポイントです◎



▼『焼肉 一牛家(いちごや)』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ https://www.ku-zou.com/shop/ichigoya/
■ガラケー■ https://www.ku-zou.com/mb/shop/ichigoya/
nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

『焼肉 一牛家』にコラボデザート登場♪ [焼肉]

『ステーキハウス 一牛(いちご)』の姉妹店、
『焼肉 一牛家(いちごや)』にデザートが登場しました!


それは「メープルトースト バニラ添え 450円」で、
名前だけ聞くと何の変哲もないデザートですが、
これに使っているトーストは『石窯パン工房 パパベル』で作られた物なんだとか♪
一牛家-メープルトーストバニラ添え2.jpg

『パパベル』といえばパン好きの間でも評価の高いお店で、
人気のカレーパンは焼き上がりと同時に売り切れるのが珍しくないほど。


そんなお店とのコラボレーションで誕生したデザートだけあって、
食後の口直しに食べるレベルを越えています◎

表面は香ばしく、中はしっとり&もっちり食感のトーストは
厚切りならではの存在感があり、それに合わせたバニラアイスとメープルシロップの相性が抜群♪

甘みたっぷりでありながら甘すぎず、心地いい後味を愉しめるので
焼肉を堪能した後に是非注文してみて下さい◎


▼『焼肉 一牛家(いちごや)』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ https://www.ku-zou.com/shop/ichigoya/
■ガラケー■ https://www.ku-zou.com/mb/shop/ichigoya/
nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

『焼肉 一牛家(いちごや)』 [焼肉]

塩江街道沿い、レディ薬局 仏生山店の斜め向かいにある
『焼肉 一牛家(いちごや)』
一牛家_外観2.jpg


以前は『とんかつと定食の店 たちばな』があった場所に
2019年11月1日にオープンしました。

察しのいい人はすでに気づいていると思いますが、
このお店はオリーブ牛専門のステーキ店として高い評価を受けている
『ステーキハウス 一牛(いちご)』の姉妹店です。

なので、肉の質の良さは折り紙付き♪
品質・血統・月齢・脂質にまでこだわったオリーブ牛を一頭買いした
『一牛』と同じ枝肉を提供しているので、安心して注文できます。

で、驚くのが焼肉店なら当たり前のようにメニューに載ってる
タン・ハラミ・ホルモンといった内臓系を一切扱ってないということ。

これは精肉に対しての圧倒的な自信の現れだけでなく、
提供する肉の種類を絞ることでコストを下げ、
高品質のオリーブ牛でありながら
リーズナブルに食べられる配慮が為されているのだと思います。


そんなお店でいただいたのが
「オリーブ牛のみぞれ焼き」
一牛家_オリーブ牛のみぞれ焼き2.jpg

<すき焼き>や<しゃぶしゃぶ>にもよく使われる肩ロースを薄切りにして網で焼き、
大根おろしを包むようにして食べるメニューなので、
肉の旨味をしっかりと感じつつ、あっさり食べられるのが最高☆☆☆
一牛家_オリーブ牛のみぞれ焼き完成2.jpg

しかも、あらかじめ肉に塩で味付けしているので後味も上品だし、
網にひく為に用意された牛脂までオリーブ牛というこだわりぶりで、
美味しさを邪魔する物が全く無いどころか、美味しさを増す要因しか無いのがすごい◎

肉を焼く火は当然ながら炭火なので
表面は香ばしく、食感は柔らかくジューシーに仕上がるし、風味も豊かになります♪


次にいただいたのは
「オリーブ牛食べ比べ」
一牛家_オリーブ牛食べ比べ2.jpg

赤身と霜降りの2種類を愉しめるセットで部位はその日によって違います。
で、今回はモモとカルビでしたが、
改めて『一牛』のレベルの高さを認識させられる美味しさでした☆☆☆
一牛家_オリーブ牛食べ比べ焼き2.jpg

モモは赤身肉ならではの肉肉しい味わいが特徴で、
少量でも食べごたえがあるのが嬉しい◎
一牛家_オリーブ牛食べ比べ完成2.jpg

霜降りのカルビは、脂の甘味を伴った旨味が抜群で、
一切れで御飯一杯食べたくなるほど口の中が美味しさでいっぱいになります♪

事実、この時に御飯も一緒にいただいたのですが
一瞬で無くなってしまいましたww
一牛家_ご飯2.jpg

というか、この御飯の美味しさに驚きました☆☆
米農家で育ち、今でも実家の米栽培を手伝っている私からすると、
焼肉屋さんで本当に美味しい御飯に出会う機会が少ない事が残念なのですが、
これは久しぶりに出会った、素晴らしく美味しい御飯だったので感動すら覚えました◎

聞けば、焼肉に合うように特別にブレンドした米だそうで、
この炊き上がりが毎回同じなら、御飯だけでも食べに行く価値があるほどでした♪


それに加え、地元で愛され続ける酒や醤油・味噌を使って完成した
「100日だれ」の味も格別で、醤油ベース・味噌ベースのどちらも肉との相性抜群です◎



そして「秘密のオリーブ牛 ツボ漬け」もいただいたのですが、
壺から引っ張り出す見た目や、ハサミでカットするインパクトもさることながら、
タレに漬け込むことで生まれるカルビのゲタバラの深い味わいが美味しかった☆☆☆
一牛家_秘密のオリーブ牛ツボ漬け2.jpg
一牛家_秘密のオリーブ牛ツボ漬け中身2.jpg
一牛家_秘密のオリーブ牛ツボ漬け完成2.jpg

ちなみに、これも部位はその日によって違うらしいので
詳しくはスタッフさんに聞いてみて下さい。


あと、ここに来たら是非食べてほしいのが
「一牛特製 生ユッケ」
一牛家_一牛特製生ユッケ2.jpg

専用の加工場を設置し、保健所の厳しい検査を通過したお店だけが提供を許されるユッケ。
それを『一牛』で食べるのだから美味しさは保証されたようなもの♪

生肉でしか味わえない、爽やかさと洗練さを併せ持った美味しさは別格で、
特製のタレと卵のコクが合わさることで、
舌・食道・胃・脳の全てが尋常ではない美味しさに支配されます☆☆☆

近年の厳しい生食用牛肉の加工・調理基準の中、
ユッケを注文するとパックで出てくるお店がありますが、
ここは本当に新鮮な物が食べられるので、
今まで生肉に抵抗があって敬遠している人も一度試してみてほしいです◎


他にも「季節のナムル盛り」も美味しかったし、
オーナー曰く、冷麺もオススメだとか。
一牛家_季節のナムル盛り2.jpg


店舗はテーブルと座敷があり、団体は最大20名まで可能らしいので
忘・新年会にも利用できます。
一牛家_テーブル手前2.jpg
一牛家_テーブル奥2.jpg
一牛家_座敷手前2.jpg
一牛家_座敷中央2.jpg
一牛家_座敷奥2.jpg

あと、基本的は予約は受けていませんが、
待ち時間が長くなる可能性があるので6名以上なら予約可能だそうです。

それと、営業時間内であっても当日分の肉が無くなり次第閉店するので、
食べたいメニューを存分に愉しみたいなら早めの時間に行くほうがいいかもしれません。


という感じで肉に対して本気で向き合ってるオーナーが
自分で食べに行きたいと思える焼肉店なので是非一度足を運んでみて下さい。


▼『焼肉 一牛家(いちごや)』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ https://www.ku-zou.com/shop/ichigoya/
■ガラケー■ https://www.ku-zou.com/mb/shop/ichigoya/
nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

『創業1968年 伝説のホルモンと輝く神タンの焼肉 正(まさ)高松太田店』 [焼肉]

レインボーロードの「ふーずらんど」がある交差点から西へ約400mの場所にある
『創業1968年 伝説のホルモンと輝く神タンの焼肉 正(まさ)高松太田店』
正-外観2.jpg


以前は『cafe 様Sama(さまさま)』だった場所で、
外観は結構雰囲気が変わりましたが
店内のテーブル等はそのまま使っているので
カフェにいる感覚で焼肉を食べるというシチュエーションが面白い。
正-店内2.jpg

ちなみに、元々ラーメン店として創業した会社が愛知県で2軒の焼肉店をオープンし、
その両方のお店が食べログ1位を獲得したという実力を引っさげ、
2018年4月1日に香川に新たに『焼肉 正』を出店したんだとか。


「輝く神タン」「伝説のホルモン」など興味を引く名前のメニューが並ぶ中、
今回注文したのは「和牛はみだしサーロイン 2,480円」
「和牛特上ロース 2,480円」「和牛特上ハラミ 2,480円」の3品。


そして最初に運ばれてきた「和牛はみだしサーロイン」は、
その名前をつけるだけあって確かに大きい。
正-サーロイン2.jpg

卓上に設置された昔ながらのロースターに乗せると
ほぼ端から端まで鉄板を占領するので、かなりのインパクトがあります。
正-サーロイン焼2.jpg

厚みはそれほど無いので両面を軽く炙る程度に焼き、
別で用意してくれた岩塩プレートに置いて、添えられたワサビをつけて食べれば
脂身も一緒に味わうサーロインならではのコクと旨味が
上品な塩味とワサビのツンとくる刺激と共に口の中に広がるのがいい感じ。
正-岩塩プレート2.jpg



次に届いた「和牛特上ロース」は、かなりの厚みがあるだけでなく
霜降りの具合も見事で、食べる前から味への期待が膨らみます。
正-ロース2.jpg

焼き加減は、中にレアな部分が残るくらいに留めて
食感の柔らかさと、この肉が持っている本来の味を堪能するのがベストだと思います。

そうする事で、黒毛和牛のロースでしか味わえない繊細かつ芳醇な旨味を存分に愉しめます。



そして最後に届いた「和牛特上ハラミ」も結構な厚みがあり、色味も綺麗でした。
正-ハラミ2.jpg

内臓系の肉なので、お店によってはクセがあったりしますが、
ここはそんな事が全く無く、味の濃さは今回注文した中で一番だったので
御飯との相性が抜群で、気づけば大盛りで注文した御飯が無くなっていました。


といった感じで一風変わった雰囲気で焼肉を食べられるお店は
店員さんも親しみやすく、アットホームな空気に包まれているのが印象的でした。



▽メニュー紹介

▼まずは黒毛和牛
「輝く神タン 上塩タン 1,480円」
「赤身でヘルシー 塩タン 780円」
「焼肉の醍醐味 和牛上カルビ(塩・タレ) 1,480円」
「お子様大好き 和牛カルビ(塩・タレ) 980円」
「人気で品薄! 和牛上ハラミ(塩・タレ) 1,580円」
「大人の焼肉 和牛上ロース(塩・タレ) 1,380円」
「女性に人気の赤身 和牛赤身ロース(塩・タレ) 980円」
「枠に収まらない 和牛はみだしサーロイン 2,480円」
「うまい肉は厚切り 和牛特上ロース 2,480円」
「大切な人に食べさせたい! 和牛特上ハラミ 2,480円」

▼次は国産豚
「赤身がやわらか 国産豚ロース(塩・タレ) 580円」
「脂が美味しい 国産豚カルビ(塩・タレ) 580円」
「やみつき熟成 国産豚ハラミ 580円」
「女子大好き 国産豚トロ 580円」

▼それから国産鶏
「高たんぱく低脂肪 国産若鶏(塩・タレ) 580円」
「糖質制限にピッタリ 国産若鶏セセリ(塩・タレ) 580円」
「歯ごたえが堪らない 国産親鳥(塩・タレ) 580円」

▼箸休めのホルモン
「クサミの無い豚大腸 とんちゃん(味噌・塩・タレ) 580円」
「厚切りが美味しい 和牛レバー 680円」
「脂のうまみ汁がすごい 和牛塩ホルモン 680円」
「てっちゃんでおなじみ 和牛シマチョウ 680円」
「新鮮とれたて 和牛ハツ(塩・味噌) 680円」
「コリコリ歯ごたえ 薄切り上ミノ(塩・味噌) 780円」
「カロリー控えめ 和牛白ハチノス刺し 780円」

▼その他焼き物
「大橋くんが本気で作った 赤ウィンナー 480円」
「肉厚まるごと しいたけ 580円」
「厚切りホクホク ながいも 580円」
「まるごとオイル焼き ホワイトロッペン 480円」
「焼肉の定番 キャベツ盛り 280円」
「太らない焼肉に必須 焼き野菜盛り 380円」

▼とりあえず一品
「白菜キムチ 380円」
「大根キムチ 380円」
「オイキムチ 380円」
「キムチ盛合わせ 780円」
「ナムル盛合わせ 580円」
「和風サラダ 580円」
「サンチュ 280円」
「ピリ辛キャベツ 480円」

▼〆のごはん・スープ
「ライス 小200円/中250円/大300円」
「台湾まぜご飯 580円」
「台湾まぜ茶漬け 680円」
「玉子スープ 380円」
「わかめスープ 380円」

▼最後はSweeeeets
「小倉バニラ抹茶 580円」
「小倉バニラ 380円」
「小倉白玉抹茶 380円」
「バニラアイス 280円」
「抹茶アイス 280円」
「カクテルシャーベット 480円」
「ゆずシャーベット 280円」
「カシスシャーベット 280円」
「ライチシャーベット 280円」
「マンゴーシャーベット 280円」


【住】香川県高松市多肥下町1519-15
【電】087-802-9123
【営】17:00~23:00(Lo.22:30)
【休】火曜
【席】34席
【駐】12台




nice!(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

『韓国酒家・韓国家庭料理 吾照里(おじょり) 渋谷本館』 [焼肉]

JR渋谷駅から徒歩約3分、
SHIBUYA109から文化村通りを西へ約200mの場所にある
『韓国酒家・韓国家庭料理 吾照里(おじょり) 渋谷本館』


株式会社イメージネットワークという会社が展開するブランドの一つで、
東京以外にも神奈川・埼玉・千葉・北海道にも店舗をかまえるコリアンレストラン。

焼肉だけでなく、種類豊富に用意された本格的な韓国料理が食べられる上に
昼はお得なランチメニューもあるし、休憩無しで夜まで営業している利便性の高いお店です。


店内は韓国の雰囲気を感じさせる造りで、調度品や小物も非日常を演出しているし
店員さんの接客も、本場を思わせる感じが面白かった★


そんなお店に3人で20時頃立ち寄り、注文したのが
「一番人気焼肉コース 4,980円」

和牛上カルビ・上ハラミ・上ロース・上タン・上ミノ
サンチュセット・キムチ3種盛り・ナムル3種盛り・本日のサラダ
チャプチェ・海鮮チヂミorチーズチヂミ・ユッケジャンラーメンor冷麺
がセットになったコースで、2時間飲み放題まで愉しめるのが素晴らしい♪


本場韓国の焼肉といえば、タレに漬けてあったり、
大きな肉をハサミでカットするのをイメージしたりしますが、
このコースの焼肉はカルビに和牛を使っているだけあって日本人向けなので
肉の質はもちろん、盛り付けも綺麗なのがいい感じ。
吾照里_焼肉5種盛り合わせ2.jpg

特に上カルビは、和牛だけあって鮮やかな赤ピンクと霜降りが見事で、
軽く炙って食べると口の中で甘さと共にトロけるのが最高でした◎


あと、焼肉以外の一品料理のレベルも高くて
これを目当てに来店してもいいと思えるほどでした♪

特にチャプチェとチーズチヂミはオススメで、
もっと量がほしかったです◎
吾照里_チャプチェ2.jpg
吾照里_チーズチヂミ2.jpg
吾照里_冷麺2.jpg
吾照里_ユッケジャンラーメン2.jpg


という感じで料理の内容も味も満足度の高いお店は
飲み放題の種類もすごく多いので近くに寄った際は利用してみて下さい。




▽メニュー紹介

▼絶品チーズメニュー
「チーズタッカルビ 1人前1,780円」
「ぷりぷりヘルム 1人前1,580円」
「チーズ豚カルビ 1人前1,880円」

▼焼肉盛り合わせ
「特上牛肉5点盛合せ 4,980円」
「上牛肉5点盛合せ 3,980円」
「上牛肉3点盛合せ 2,980円」
「ホルモン3点盛合せ 1,480円」

▼焼肉
「和牛特上カルビ(ザブトン) 3,180円」
「和牛上カルビ(カイノミ) 1,780円」
「和牛カルビ(縦バラ) 980円」
「和牛特上ハラミ 2,380円」
「和牛特上厚切りロース(肩ロース) 2,980円」
「和牛特上ロース(肩芯) 2,680円」
「和牛上ロース(内もも) 1,580円」
「特選厚切り上タン 1,780円」
「ネギ上タン 1,680円」
「上タン 1,500円」
「壺漬け中落ちカルビ 1,380円」
「壺漬けハラミ 1,680円」
「上ハラミ 1,680円」
「豚トロ 1,080円」
「牛上ミノ 980円」
「牛ホルモン 880円」
「牛レバ 780円」

▼野菜焼き
「野菜焼き盛合せ 780円」
「きのこ焼き 680円」
「ニンニク焼き 480円」

▼鉄板肉料理
「厚切りサムギョプサルセット 1人前1,580円/追加1,080円」
「サムギョプサルセット 1人前1,380円/追加980円」
「牛プリコギセット(韓国風すき焼き) 1人前1,480円」

▼包み野菜
「特製サンチュセット(ねぎムチム付) 680円」
「にんにくスライス 380円」
「青唐辛子 480円」
「ゴマの葉 480円」

▼サラダ
「海鮮 吾照里サラダ 780円」
「ローストビーフサラダ 980円」
「トマトサラダ 780円」
「コッチョリキムチサラダ 780円」

▼刺身
「ローストビーフ 980円」
「ローストビーフユッケ 980円」
「センマイ刺し 780円」
「イカ刺し韓国風 880円」

▼キムチ
「白菜キムチ 430円」
「カクテキ 430円」
「オイキムチ 480円」
「ねぎキムチ 580円」
「エゴマのキムチ 580円」
「キムチの3点盛合せ 880円」
「キムチの6点オードブル 1,380円」

▼韓国珍味
「ナムルの盛合せ 680円」
「ナムル1種類 380円」
「チャンジャ 580円」
「韓国焼きのり 330円」

▼一品料理
「チャプチェ 790円」
「プルコギチャプチェ 990円」
「トッポッキ 790円」
「チーズトッポッキ 990円」
「豚ゴーヤ炒め 890円」
「塩ホルモン炒め 930円」
「辛口味噌ホルモン炒め 990円」
「あさりチム 1,490円」
「韓国水餃子(ムルマンドゥ) 790円」
「豆腐キムチ 990円」
「冷やし豆腐 390円」
「ヤンニョンチキン 890円」
「チーズプルタク 1,090円」
「牛プルコギの皿盛り 1,290円」
「ポッサム 1,690円」
「王豚足(包み野菜付) 1,490円」

▼チヂミ
「ハーフ&ハーフ 1,490円」
「ヘルシー野菜チヂミ 930円」
「キムチチヂミ 990円」
「青唐辛子チヂミ 990円」
「チーズチヂミ 1,230円」
「プルコギチヂミ 1,230円」
「牡蠣きのこチヂミ 1,390円」
「海鮮チヂミ 1,490円」

▼スンドゥブ・チゲ
「スンドゥブチゲ 980円」
「スーズスンドゥブチゲ 1,080円」
「キムチスンドゥブチゲ 1,080円」
「海鮮スンドゥブチゲ 1,480円」
「テンジャンチゲ(味噌チゲ) 980円」
「キムチチゲ 1,080円」

▼スープ
「ユッケジャンスープ 930円」
「コムタンスープ 980円」
「玉子スープ 580円」
「ワカメスープ 580円」
「トック 880円」
「トックマンドゥ 980円」

▼韓国鍋料理
◇辛口鍋料理
「韓国部隊鍋(プデチゲ) 1,480円」
「タットリタン 1,480円」
「カムジャタン 1,480円」
「美肌ホルモン鍋(コプチャンチョンゴル) 1,640円」
◇辛くない鍋料理
「特製鶏鍋(タッチョンゴル) 1,480円」
「プルコギキノコ鍋 1,580円」
「美肌味噌ホルモン鍋 1,640円」


【住】東京都渋谷区道玄坂2-29-18 第二才藤ビル2F・3F
【電】03-5458-6628
【営】11:30~23:30/土日祝は23:00迄
【休】12月31日・1月1日
【席】54席
【駐】無し




nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

『一枚焼肉 もっちゃん家』 [焼肉]

本書吾妻橋駅 A1出入口から西へ約50mの場所にある
『一枚焼肉 もっちゃん家』
もっちゃん家_外観2.jpg


肩書の通り、好きな部位を1枚から注文できる焼肉屋さん。

しかも扱う牛肉は、A5ランクの和牛にこだわり、
それを塩で味わってもらうのがコンセプトだそうです。
もっちゃん家_店内2.jpg

なので、テーブルには
「炭塩」「藻塩」「塩の花」「シベリア岩塩」「岩塩」
という5種類の塩が用意されていましたが、
更に、肉を焼く網の上に「ヒマラヤ岩塩」の岩塩プレートを置き、
それで焼いて食べるのもオススメだと丁寧に教えてくれました。
もっちゃん家_岩塩プレート2.jpg


という演出をされると、味への期待が高まると同時に
どれを注文すればいいかが悩みどころです。

しかし、そんな心配が必要の無いメニューを発見!
それが「おまかせ10点盛り 2,300円」でした。

”おまかせ”なので、その時によって内容は変わりますが、
今回は「三角」「千本」「クラシタ」「クリ」「フランク」
「内平」「ゲタ」「ハバキ」「中バラ」「外平」が
名札付きで盛り付けされていました。
もっちゃん家_おまかせ10点盛り2.jpg

にしても、さすがA5ランクの和牛だけあって
見るだけで肉の良さが伝わってきます。

ちなみに、この日の和牛は「阿波牛」でした。


そしていよいよ肉を焼き、実食すると
和牛ならではの甘みを含んだ旨味が口に含んだ途端に広がって
さすがの一言に尽きます。

それらを様々な塩をつけて食べたり、
岩塩プレートで焼いて食べたりというバリエーションが楽しめるので
肉の種類以上に色んな味を体験できるのが良かったです♪



あと、個人的にメニューを見ると、どうしても注文したくなる
「牛炙り握り(一貫) 480円」も食べましたが、
ほぼレアの状態なので、正に刺身を食べてるような感覚で、
トロみさえ感じる肉の食感と甘みが、
ご飯とのバランスでいい感じに仕上がっていました。
もっちゃん家_牛炙り握り2.jpg



それと、店員さんが懇切丁寧に食べ方をレクチャーしてくれた
“特選厚切り肉”の「シャトーブリアン(100g)3,480円」も注文してみると、
サシの見事な霜降り肉が、ステーキ用かと思うくらいの厚みで到着。
もっちゃん家_特選厚切り肉2.jpg

これを好みの加減で焼いた後、
網に乗せて熱々になった特製タレに浸して実食。
もっちゃん家_タレ2.jpg

すき焼きタレのような甘みの強い醤油ベースのタレに、
ニンニクスライスの風味が加わっているので
食べた瞬間に口の中がタレの味に支配されるのが印象的でした。

店の説明書きによると、肉を食べた後に残ったタレは
肉の旨みを吸っているので、白ご飯にかけてかきこむのがオススメだそうです。


という感じで、好きな部位を一枚から注文できるという食べ方以外にも
色々と愉しめる焼肉店なので、是非一度立ち寄ってみて下さい。



▽メニュー紹介

▼本日のおすすめ
※日替わりのため参考までに
◇一枚焼肉
※一枚の値段です(約15g)
「中バラ(並カルビ) 180円」
「リブカブ(上カルビ) 280円」
「クラシタ(上カルビ) 280円」
「ゲタ(上カルビ) 280円」
「外バラ(上カルビ) 280円」
「三角(特上カルビ) 380円」
「ハバキ(並赤身) 180円」
「外平(並赤身) 180円」
「クリ(上赤身) 280円」
「内平(上赤身) 280円」
「とうがらし(上赤身) 280円」
「千本(特殊部位) 280円」
「ミスジ(特上赤身) 380円」
◇特選厚切り肉
「阿波牛A5フィレ(1人前100g) 2,980円」
「阿波牛A5シャトーブリアン(1人前100g) 3,480円」
◇ホルモン
「シマチョウ(1人前90g) 780円」
「レバー(1人前90g) 780円」
「上ミノ(1人前90g) 880円」
◇その他
「カッパ一枚焼き(100g) 1,480円」
◇豚
「豚トロ 580円」
◇鶏
「紅ふじ鶏ハラミ 580円」
「紅ふじ鶏せせり 580円」
「紅ふじ鶏ハツ 680円」
「紅ふじ鶏ささみ 680円」
◇一品野菜
「とりあえずキュウリ(自家製ピリ辛肉味噌) 300円」
「青森産ニンニクのホイル揚げ 500円」
◇焼き野菜
「ベビーコーン 280円」
「南瓜 280円」
「しいたけ 280円」
「しし唐 280円」
「長芋 280円」
「パプリカ 280円」
「マシュルーム 280円」
「茄子 280円」
「万願寺唐辛子 380円」

▼特選厚切り肉
「クリ(100g) 1,980円」
「ミスジ(100g) 1,980円」
「カイノミ(100g) 1,980円」
「内平(100g) 1,980円」
「マルシン(100g) 1,980円」
「ひうち(100g) 1,980円」
「イチボ(100g) 1,980円」
「ラムシン(100g) 1,980円」
「ラムヘレ(100g) 1,980円」
「フィレ(100g) 2,980円」
「シャトーブリアン(100g) 3,480円」

▼盛り合わせ
「おまかせ10点盛り 2,300円」
「赤盛り 980円」
「上赤盛り 1,480円」
「白盛り 980円」
「上白盛り 1,480円」
「タン盛り 1,200円」
「数量限定!厚切り上タン 1,980円」
「特選盛り 2,980円」
「ハラミ盛り 980円」
「A5サロスキ 780円」

▼肉一品
※焼かないシリーズ
「牛炙り握り(一貫) 480円」
「アキレス腱 480円」
「肉スルメ 480円」
「神戸牛の炙り焼き 780円」

▼サラダ
「塩キャベツ 300円」
「トマトサラダ 500円」
「もっちゃんサラダ 500円」
「もっちゃん塩サラダ 500円」

▼スープ
「たまごスープ 800円/ハーフ500円」
「もやしスープ 800円/ハーフ500円」
「ユッケジャンスープ 800円/ハーフ500円」
「わかめスープ 800円/ハーフ500円」

▼一品
「白菜キムチ 500円」
「カクテキ 500円」
「オイキムチ 500円」
「キムチ盛り合わせ 980円」
「特製ナムル 500円」
「辛もやしナムル 300円」
「チャンジャ 500円」
「肉みそ冷奴 500円」
「冷やしトマト 300円」
「きゅうり塩昆布 500円」
「韓国のり 300円」
「ニンニクホイル揚げ 500円」
「キノコのホイル焼き 500円」

▼ご飯系
「ライス 小150円/中250円/大350円」
「石焼きユッケビビンバ 1,200円」
「カルビクッパ 880円」
「地獄辛カルビクッパ 980円」
「自家製醤油の卵かけご飯 350円」
「和牛石焼きカレー 980円」

▼麺
「盛岡冷麺 880円」
「ビビン麺 780円」
「カレーうどん 680円」

▼デザート
「バニラアイス 300円」
「抹茶アイス 300円」
「牛乳アイス 300円」
「ブルーソルトアイス 300円」
「りんごシャーベット 300円」
「自家製ミルクプリン 400円」


【住】東京都墨田区吾妻橋2-2-4 フェスティワン2F
【電】03-6658-8029
【営】月~金 17:00~24:00(Lo.23:00)
   土 14:00~24:30(Lo.23:30)
   日・祝 14:00~23:00(Lo.22:00)
【休】火曜
【席】38席
【駐】無し




nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

『焼肉 鶴山 高松上天神店』 [焼肉]

ドン・キホーテ高松店がある上天神交差点から空港通りを南へ約200mの場所にある
『焼肉 鶴山 高松上天神店』
鶴山-外観2.jpg


2018年4月20日にオープンした焼肉店で、岡山に本店があるそうです。

ちなみに場所の説明として、
『ビーフレストラン ウエノ』の南隣と言ったほうが分かりやすいと思います。

にしても、肉料理のお店の隣に焼肉屋さんができるのは面白いし、
利用する側からしても、ハンバーグやステーキなら『ウエノ』、
焼肉なら『鶴山』という選択ができるのは便利です。


で、このお店の珍しいポイントは
格安店ではなく、どちらかといえば高級店なのに
昼から夜まで通し営業をしているということ。

格安店だとしても夜だけの営業も珍しくないのが焼肉業界なのに
昼間から贅沢な食事をいつでもできるのは貴重な存在です。

しかも、お得なランチメニューも無く、
一日を通してグランドメニューだけを扱っているのも珍しい。


店に入ると広くてオシャレな場所に客席がたくさん並んでいて、
それを囲むような形で様々なタイプの個室も用意されているので
全110席という豊富な客席が、あらゆるシチュエーションに応えてくれます。

今回は、その広い場所にあるテーブルに案内されましたが、
一般的な焼肉店と比べて照明が明るいせいか開放感がありました★
鶴山-店内2.jpg


そんなお店で注文したのは
「上カルビ(和牛) 1,650円」
「和牛特上ハラミ 1,600円」
「角切りヒレステーキ(和牛) 2,100円」


参考までに、今回立ち寄ったのは19時頃で、
「上ロース(和牛) 1,800円」も注文しようと思ったのですが
昼間のうちに完売してしまったとの事だったので
食べたい部位を余さず堪能したい場合は早い時間に立ち寄るほうがいいかもしれません。


ただし、お店のうんちくによると、一つのブランド牛に絞るのでなく、
A4・A5ランクの佐賀牛や千屋牛、桃太郎ビーフ、奈義ビーフ、国産黒毛和牛などを
オーナーの目利きによって仕入れているそうなので
前回食べた部位を次回注文しても同じ味ではないと思います。

が、厳選された牛肉を扱っているのは間違いないので
例え自分の食べたい部位が完売していても、
代替えで注文した部位で新しい味に出会えるかもしれません。


かくゆう私も「上ロース(和牛)」の代わりに注文したのが
「角切りヒレステーキ(和牛)」だったのですが、
ある意味、完売していてくれていた事に感謝したくなるほど美味しかった☆♪♪
鶴山-ヒレステーキ2.jpg

ステーキと呼ぶにふさわしい厚みのあるヒレは
柔らかさと肉の甘味・旨味を存分に兼ね備えているだけでなく、
少し焼きすぎても美味しさを損なわないほど高い品質が素晴らしかったです♪


もちろん「上カルビ(和牛)」と「和牛特上ハラミ 」の肉質も抜群で、
高級で上質な味わいが、焼肉を食べている満足度を上げてくれました☆
鶴山-カルビ&ハラミ2.jpg


という感じで昼間から贅沢を堪能できる焼肉店は
接客や盛り付けも良かったので、気になった人は立ち寄ってみて下さい★★


▽メニュー紹介

▼特選
「上ロース(和牛) 1,800円」
「上カルビ(和牛) 1,650円」
「和牛特上ハラミ 1,600円」
「上塩タン 1,500円」
「上ハラミ 1,300円」
「上タンたれ 1,500円」

▼ステーキ・熟成肉・ユッケ
「厚切りタンステーキ 1,650円」
「塩ヒレ(和牛) 2,600円」
「角切りヒレステーキ(和牛) 2,100円」
「熟成ロース 1,300円」
「熟成カルビ 1,200円」
「ユッケ 950円」

▼ネギ焼肉
「ネギハラミ(和牛サガリ) 1,200円」
「ネギタン 1,150円」

▼焼肉
「ロース(和牛) 1,100円」
「アバラ 850円」
「カルビ 820円」
「ハラミ 800円」
「塩タン 900円」
「タンたれ 900円」

▼ホルモン焼
「上ミノ 800円」
「大チョウ 700円」
「シンゾウ 500円」
「センマイ 500円」
「レバー 450円」
「ホルモン(小腸) 550円」

▼トリ・ブタ・海鮮
「鶏トロ(みつせ鶏) 700円」
「トリ 500円」
「ブタ(瀬戸内六穀豚) 600円」
「ウインナー 550円」
「エビ 850円」
「貝柱 850円」
「イカ 620円」
「あわびステーキ 1,500円」
「ロブスター 1,500円」

▼ちょっとずつ色々食べたいお客様
「鶴セット(280g) 2,000円」
「山セット(300g) 1,650円」

▼野菜
「チシャサラダ 700円」
「サンチュ 480円」
「焼野菜 480円」
「焼ほんしめじ 800円」
「国産にんにくオイル焼き 500円」
「ナムル盛り合わせ 600円」
「シーザーサラダ 900円」
「ポテトサラダ 500円」
「ツナサラダ 900円」

▼キムチ
「白菜キムチ 400円」
「大根キムチ 400円」
「胡瓜キムチ 400円」
「キムチ盛り合わせ 650円」
「オクラキムチ 450円」
「長芋キムチ 450円」
「キムチ2種盛り 650円」
「ポッサム 820円」

▼スープ
「タマゴスープ 400円」
「わかめスープ 400円」
「ミックススープ 450円」
「野菜スープ 450円」
「ほんしめじスープ 650円」
「カルビスープ(和牛) 870円」
「テールスープ(和牛) 900円」
「トーフチゲ 900円」
「トリクッパ 650円」
「カルビクッパ(和牛) 950円」
「テールクッパ(和牛) 950円」

▼ご飯・冷麺
「石焼ビビンバ 1,050円」
「ビビンバ 700円」
「ライス 小160円/中220円/大380円」
「冷麺 800円」
「あわび粥 1,700円」

▼デザート
「カルピスシャーベット 200円」
「ケーキ(チーズ・ガトーショコラ) 各250円」
「クレミア(ソフトクリーム) 500円」
「カタラーナ(焼きプリンのアイス) 350円」
「レモンシャーベット 350円」
「マンゴーシャーベット 520円」
「ピーチシャーベット 520円」
「メロンシャーベット 650円」
「柚子シャーベット 500円」
「パインシャーベット 650円」
「デザートセット 450円」


【住】香川県高松市上天神町777-1
【電】087-899-6089
【営】月~土11:30~22:00(Lo.21:30)
   日・祝11:30~21:30(Lo.21:00)
【休】木曜
【席】110席
【駐】有




nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理
CMS ケーブルメディア四国
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-
焼鳥てんやわんや
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)